こんにちは、タマンサリの鍼灸師、小野寺です。

いつもご利用ありがとうございます。

今日も妊活の関連のお話をしようと思います。

古来、不妊の原因として先ず血液に原因があると捉えています。

食生活の乱れや体質的な要因、運動不足により血液が本来の活性を失うと、

流れが悪くなったり汚れが溜まったりして子宮を温め栄養する力が低下します。

当然、子宮を元気にする血液の状態がこのような血の不足「血虚」や汚れた血「於血」になってしまっては、丈夫な卵子は作れなくなり、掴まえる(着床)ことも難しくなってしまいます。

力のある血液にするには、先ず食生活に気をつけることが基本で、身体を動かすこと(運動)も忘れないようにしたいです。

また大量の水分は「水毒」と言って内臓の様々な病気の原因になります。

勿論、冷たいアイスや氷の取り過ぎは要注意です。

冷えた内臓は働きが低下して、元気に動くことが出来ないのです。女性に冷えは大敵なのですよ。

現在は食生活や、生活環境を考えると、トータル的に冷えから来る卵巣や子宮の働きの低下(元気不足)が原因になっているケースが一番多いと思います。

タマンサリでは不妊症、妊活に対して積極的に体質改善をしています。

これから妊活しようと考えている方、なかなか子供が出来ず悩んでいる方お気軽にご相談ください。